そうだったの?

死刑が確定されて、じっさいに死刑になったあの麻原ショウコウ、、死ぬ前には
「やめろ、チョクショー!」何て言ったの?そんな噂があるのですが、
だいたい誰がこれを漏らすの??
でもその噂によると、まず彼の毎日は決まった定期的な、規則正しいもので、でも、おむつをはめ、あとはずっと
壁に向かってぶつぶつと何かをいっていたのだそうだ。
それを聞いた信者または元信者は「ソンシは瞑想しておわられるのだ」だそうだが、
瞑想、、、とは違う何かおかしな空気がぁるように思える。
見たわけじゃないがね。

アサハラの死刑執行の朝は、いつもと違う刑務官が「出ぼう!」とかいいながら、彼を連れ出したわけですが、
この時に「やめろ!ちくしょー!」と言ったのだとか。
そんな元気なさそうでしたがねー。

いずれにしても彼は死んだ。
あっけなく。
いや、もしこの話が本当なら、すこしばかりの抵抗はあったわけです。
家族が面会に行ってもまったく目を合わそうとせず、おかしな精神状態にあったとされるが、
なかには「演技だ」という人もいて、本当のところはどうなのか分からない。
でも、もし「やめろ!ちくしsh-!」って言ったのなら、かなり正気だったわけですね。

このブログ記事について

このページは、かんたが2020年11月 1日 19:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「難しいんだねー」です。

次のブログ記事は「色鉛筆での格差」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。